洗車機ガイドというお役立ちサイト

ブックマークを!工事系用品情報サイト!

素晴らしい梱包資材や優れている梱包資材を選ぶ時に最も大事なことというのはやはり、安定した品質を保っているかどうかということなのではないでしょうか。
何しろ梱包資材というのは大量に作られることが当たり前となっているからです。

 

その大量生産品1つひとつの品質の安定がしていなければ、それは実用に耐えることが出来ないのは当然のことです。
今目の前に存在している製品がどれほど素晴らしいものだとしても、その他の製品の質にバラつきがあるようであれば、梱包資材として使用することは出来ません。

 

梱包資材の個体差がほとんどなく、そして不良品がなく使用することが出来るということが、梱包資材に求められる最重要なことなのです。


頻繁に使われるケミカルアンカーという工具は、「日本デコラックス社」の商品名なのです。
旭化成製品は「ケミカルセッター」と使っており、前田工繊の商品名は「ボルトメイト」と表記しています。

 

多くの人が「接着系アンカー」や「薬品アンカー」と呼んでおり、建築やメンテナンス業界におきましてはケミカルアンカーという呼ばれ方が通常となります。

 

このケミカルアンカーの使用用途は基礎の固定がメインとなります。
さらに建築関係の柱等の固定、そして機械据付時の固定などにも使用されます。

 

穴を開けたコンクリートに、予めガラスに入っているケミカルアンカー容器を入れておき、先端を斜めに切断し先を鋭利にした全ねじボルトによりこのガラス容器を破壊することとなります。
そうすることで中の硬化剤と樹脂を攪拌し化学反応によって硬化させ固めることが可能となります。

 
 
神戸 賃貸の専門
http://www.houseplanning.net/




洗車機ガイドというお役立ちサイトブログ:17-12-12
こんちわ・・いやもうこんばんわか?まだか?

以前、わしは、
毎日のトイレ掃除に力を入れていたことがありました。
それも、素手でです。

ちょっぴり抵抗はありましたが、
思うことがあり、やってみようと思ったのでした。

トイレが清潔なのは、気持ちいいものですよね。
冷え込みが続く冬場も、毎日、
床や便器のまわりから便器の中まで、素手で掃除を続けました。

始めたころは、
さすがに便器の中に素手を入れるのは、勇気がいりました。
やっぱり素手を突っ込むのは…

雑巾は綺麗なピンクのままで、目に見えたヨゴレはないものの、
そのあと、必死になって雑巾をすすいだことを覚えています。

自分のからだの中にあったものなのに、
自分のからだを離れると汚いものになってしまうのは、
どこか髪の毛と似ていますね。

続けているうちに、気づいたことがありました。
毎日掃除していても、床とかは結構ヨゴレるんですね。

当時、11時間はほとんど外出して使っていなかったのですが、
床を拭いたあとは雑巾が真っ黒でした。

けれども、便器の中はあまり汚れないんです!
もしかしたら、一番キレイかもしれません。
考えてみれば、毎回流すのですから、
使うたびに掃除をしているようなものですよね。

わしは学生時代、先生から
「感情とウンコは一緒だ」
という話を聞いたことがあります。

ためると、大惨事になるけど、
出してしまえばそれだけのことだ…と。

もう、わしたちにとって必要のないもの、
それがからだから出て行くのかもしれませんね。

わし自身、
自分が嫌なものである、汚いものであるという観念が
だいぶ薄れたのがこの経験です。

だんだん、雑巾をすすぐ時間が減ってきました。
汚いから避けなければ…という制限がなくなった度合いだけ、
毎日の気持ちが楽になりました。

ただ単にトイレ掃除を続けただけなのに、
わしは自分を信頼できるようになった気持ちでした。

今日はおしまい!!!

 
洗車機ガイドというお役立ちサイト モバイルはこちら