洗車機ガイドというお役立ちサイト

ブックマークを!工事系用品情報サイト!

素晴らしい梱包資材や優れている梱包資材を選ぶ時に最も大事なことというのはやはり、安定した品質を保っているかどうかということなのではないでしょうか。
何しろ梱包資材というのは大量に作られることが当たり前となっているからです。

 

その大量生産品1つひとつの品質の安定がしていなければ、それは実用に耐えることが出来ないのは当然のことです。
今目の前に存在している製品がどれほど素晴らしいものだとしても、その他の製品の質にバラつきがあるようであれば、梱包資材として使用することは出来ません。

 

梱包資材の個体差がほとんどなく、そして不良品がなく使用することが出来るということが、梱包資材に求められる最重要なことなのです。


頻繁に使われるケミカルアンカーという工具は、「日本デコラックス社」の商品名なのです。
旭化成製品は「ケミカルセッター」と使っており、前田工繊の商品名は「ボルトメイト」と表記しています。

 

多くの人が「接着系アンカー」や「薬品アンカー」と呼んでおり、建築やメンテナンス業界におきましてはケミカルアンカーという呼ばれ方が通常となります。

 

このケミカルアンカーの使用用途は基礎の固定がメインとなります。
さらに建築関係の柱等の固定、そして機械据付時の固定などにも使用されます。

 

穴を開けたコンクリートに、予めガラスに入っているケミカルアンカー容器を入れておき、先端を斜めに切断し先を鋭利にした全ねじボルトによりこのガラス容器を破壊することとなります。
そうすることで中の硬化剤と樹脂を攪拌し化学反応によって硬化させ固めることが可能となります。

 
 
神戸 賃貸の専門
http://www.houseplanning.net/




洗車機ガイドというお役立ちサイトブログ:17-03-25
なんか、今日は気分が悪いです

シェイプアップに成功して、
スリムになった自分を想像したらワクワクしますよね?

でも、無意識の中ではちょっと違う動きをするようなんです。

それは、
今まで自分が体験したことない状況を本能的に避けて、
自分が経験している状態を好む…という本能で、
「ホメオスタシス(自己恒常性)」と呼ばれているものなんだそうです。

これは身体の働きにも備わっており、
シェイプアップしていても最初はなかなか減らないのも、
自分が長い間過ごしてきた体重に戻そうとする
「ホメオスタシス」の本能が働き、
食事の量が減れば食欲を増長して食べさせようとし、
身体もエネルギー消費しにくい身体にして
脂肪を温存しようとします。

これと同じような働きが脳にも作用し、
「シェイプアップに成功するぞ!」と思っても
「本当に成功するの?今まで何度やってもダメだったじゃない」とか
「そんなシェイプアップやったら体に悪いんじゃないの?」とか、
いろいろな「自分が成功できない理由」を頭の中で考え始めます。

つまり「自分自身でシェイプアップを失敗させようとする」のです。

これが本能的に
シェイプアップに成功することを恐れ、
元の状態に戻そうとする脳の本能なのです。

これは、
シェイプアップ成功の経験が少ない人ほど強力に働くもので、
それがいつしか「自分は痩せにくい身体」だと思ってしまう傾向があります。

これは本人の意識の問題ではなく、
ホメオスタシスという脳の本能の働きなので、
当人がこらえ性がないとか怠惰であるという事ではないのです。

ましてや「痩せられない身体」だという事でもありません。

人間は生きていく以上はエネルギーを消費しますし、
そのための食物も必要です。
それらのバランスを変えてあげれば、シェイプアップは成功します。

しかしそのバランスを変えるためには、
人間の「ホメオスタシス」を克服しないといけないんですね。

ニンニン


 
洗車機ガイドというお役立ちサイト モバイルはこちら